薄毛で悩んで、騙されて、ボロボになった男のAGA治療日記

育毛剤だ、育毛シャンプーだと、使ったお金100万円以上。散々育毛業界にカモられた私が、ついにAGA病院のドアをたたきました。

 

でも、もちろん、半信半疑。

 

今まで散々騙されてますからね。

 

本当に毛が生えてくるなんて思っていませんでした・・・と言うと言いすぎですか。

 

もちろん、ちょっとは期待してましたよ。

 

でももうダマされて落ち込むの嫌なんで、あまり期待しないようにして自己防御していました。

 

そんな私の薄毛治療体験記です。

薬はフィナステリドとミノキシジルを毎日夜寝る前に1錠ずつ飲むだけ。こんな小さい錠剤で私の薄毛が治るのだろうか?と心細くなるほどでした。

 

先生からは効果が出るのに半年くらいかかるとあらかじめ聞いていたので、むやみに不安がることなく気長に取り組むことにしました。

 

とは言え、初期脱毛が激しく少し不安に。薬を飲み始めて1か月ほどした時、やけに抜け毛が増えたように感じた時がありました。

 

事前に医師からそのような副作用があることを聞いていましたので、

 

これが初期脱毛だな。

 

と思いましたが、それにしても、生やすはずの薬で抜け毛が増えるのは非常にショックでした。

 

しかし、先生に言われていた通り、初期脱毛も2−3か月目には終わり、抜け毛がピタッと止まりました。

 

そして、薬を飲み始めてから3か月も経つと昔と違って地肌が見えなくなっていることが実感できました。チョット光を当てたくらいでは地肌が透けて見えません。そして、4か月目には自分が薄毛だったことが信じられないくらい髪のボリューム感が戻り、実際、髪の毛をかき上げられるくらいになりました。

 

本当に薬が効きました。フィナステリドのミノキシジル錠剤の組み合わせはゴールデンコンビだとプロハゲにも書いてありましたが、まさにその通り!

 

 

今では薬を飲み始めて1年以上たっていますが、昔薄毛だった時ってどんな感じだったか思い出せないくらい髪はフサフサしています。今まで私を小バカにしていた友人も薄毛でなくなったと首をかしげているくらいです。

 

そのおかげで性格的にも前向きになったと思います。人との交わりにも躊躇することがなくなり、鬱で会社を辞めたことなど想像できません。飲み会にも積極的に顔を出したり、ファッションにも興味が湧いたりとAGA治療前とは180度違う生活を送っています。

 

こんなに簡単に薄毛が治るのならもっと早く治療をしておけば良かった、それだけ早く人生が楽しくなっただろうと思うと後悔しています。

 

皆さんの中にもAGAクリニックに行くのを躊躇している人がいたら、ぜひ言ってあげたいです。

 

そのためらっている時間がもったいない!早くAGAクリニックに行ってきな!

続きを読む≫ 2018/05/11 16:06:11

育毛剤や育毛シャンプーで聞きもしないのに散在して100万円以上無駄にした後になってやっと病院での薄毛治療に目を向けることになったのですが、病院でのAGA治療について無知だったわけではありません。

 

何となく、育毛剤や育毛シャンプーなど効果は期待できないのではないかと疑いながらも、それらを使い続け、AGAクリニックに行かなかったのは、やはり、病院に行くことに対する抵抗感が強かったのだと思います。

 

元々小さいころから病院は嫌いでした。おそらく親がめったに病院に行かない人で、ちょっとくらいケガをしたり、風邪をひいたりしても「そんなの寝たら治る!」と言う人だったため、その影響を受けたのだろうと思います。

 

特に薬を飲むことに非常に強い抵抗があり、風邪で高熱が出ても38度くらいなら薬を飲みません。体に薬を入れるという事が、とんでもなく体に悪いことをしているような気がして、極力薬を飲まない、という考え方になってしまったのです。

 

それに、薄毛の治療で病院に行くのは、ひどく恥ずかしいと思っていました。ただでさえ、周囲の人の目線が頭に向くのでさえ、耐えがたいくらいの精神的か苦痛があるのに、「薄毛の治療で来ました」なんて言ったら医師や看護師、受付の人の視線がすべて頭に向いてしまうではないですか!そんなの、耐えがたい屈辱だと思っていました。

 

そんな私ですから、薄毛やAGAに効く飲み薬があるらしいよ、と聞いても強く魅かれるものの、即、じゃあ試してみようとはなりませんでした。

 

それより、薬以外の方法で散々試した上で、どうしても効果がないと分かったら、病院でAGA治療をしてもらおう、という思考回路に陥ってしまったのです。

 

とは言え、効きもしない育毛剤や育毛シャンプーで100万円以上、2年間にわたって金と時間を浪費してしまったので、さすがの私も重い腰を上げ、AGAクリニックに行こうと決意しました。

 

このまま一生、このコンプレックスを抱え、他人の視線におびえる人生を送るくらいなら、病院での一時の恥の方が全然マシだ、と思ったのです。

 

色々調べてみるとAGA治療の費用も思ったほど高くなかったことも踏ん切りをつけさせてくれました。私の調べた限り、1か月のAGA治療薬のフィナステリドという薬の費用が5千円前後。一番安い湘南美容外科という所で1,800円でしたので、ちょっと飲み会を1回我慢したらいいくらいで済むなら、やってみようとますます思うようになりました。

続きを読む≫ 2018/04/08 11:58:08

最初は近所の病院に行こうと思ったのですが、結局行けませんでした。恥かしかったんです。大体、なんて言えばいいんでしょう?受付の事務員に「薄毛の治療で」とか「AGA治療薬が欲しいんです」とでもいうのでしょうか?

 

ちょっと考えられませんでした。

 

そんな時、ネットでAGAクリニックの情報を探して見つけたのがこの薄毛治療をしてくれる病院、AGAクリニックのナビサイト。サイト管理人の方は20か所以上のAGA病院をめぐって理想の病院を見つけ出したツワモノです。

 

このサイトを読んで、AGAクリニックなら受付の人でさえ薄毛治療の患者の扱いに慣れているので、恥ずかしがらずに済むことを知りました。

 

それに、他の患者と病院内で会う事もないので、その点でもプライバシーが守られて安心だと思いました。

 

このサイトのおすすめに従って、まず目を付けたのが聖心美容クリニックという病院です。名前の通り、美容外科クリニックなのですが、毛髪再生外来を掲げていて、男性だけでなく女性の薄毛治療にも力を入れています。

 

プロハゲでも絶賛されていたので、ここはぜひ行ってみたいと思ったのですが、結局行きませんでした。私の住んでいる栃木県に病院がなかったんです。最寄りで言うと埼玉にはクリニックがあるみたいでしたが、通うとなるとちょっと遠くて無理だと思いました。

 

代わりに良さそうだと思ったAGAクリニックが、AGAヘアクリニックでした。

 

ここは、AGA治療に特化した専門病院。医学的に証明された治療しかしないというポリシーの病院で、しかも料金がスゴイ安かったんです。

 

聖心美容クリニックほどには治療の選択肢は多くありませんでしたが、私のようなAGAクリニック初心者にはちょうど良いと思いました。

 

それに、なにより良いなあと思ったのが、スマホを使ったテレビ電話診察をしてくれるところ。実はこのAGAクリニックは東京の秋葉原にあるのですが、通院する必要がないんですね。

 

厳密には半年に1回程度は病院に行く必要があるのですが、それくらいでしたら仕事や遊びで東京に行く用事もあるのでついでに行けば十分通える頻度です。

 

それに、テレビ電話診察という事は病院に行かなくてもいいので、病院の人にも他の患者にも会わなくていいのが気に入りました。だって恥ずかしくないですよね!

 

という事で、実際にスマホのテレビ電話診察を受けてみました。

 

感想は、思った以上に良かった。

 

何より専門病院のカウンセラーと医師が1時間ほど時間をかけてしっかり診察してくれたのが良かったです。もっと軽く見てすぐ薬を処方されるのかと思っていたので、丁寧な診察に好印象でした。

 

薬に関しては副作用の話も包み隠さずしてくれたのもよかった。治療をしたいからと言ってここら辺のネガティブ情報を出し渋られたら逆に不信感ですよね?

 

結局、フィナステリドとミノキシジルのタブレットによる治療を行う事になりました。AGA治療の費用としては月に薬代として1万5千円ほどと、私でも払える額だったので安心しました。

続きを読む≫ 2018/03/09 18:54:09

大学卒業後、就職してからも薄毛の事が気になって仕事が手につかないことがしょっちゅうありました。

 

そんなはずはないと思いつつも、職場の人たちが自分の頭を見ているように感じていたのです。当時の私は、たぶん軽いうつ状態だったのではないかと今になって思いますが、当時は本気でそう思って悩んでいて、結局、それが原因で仕事を辞めてしまいました。

 

もちろん、私だって何もせずに薄毛が進行するのに任せていたわけではなく、色々な薄毛対策をしていました。

 

まずは、シャンプーや育毛剤で対策を講じていました。育毛サロンに通う事も考えたが、大金が用立てられなかったので手軽な方法で我慢するしかなかったのです。

 

当時は、バイトや仕事の合間に携帯で育毛シャンプーや育毛剤を調べるのが日課になっていたくらいでして、少しでも口コミ評価の高い育毛剤や育毛シャンプーを、と毎日何度もネットの口コミ情報を見ていました。

 

その中で最も口コミ評価の高いものを選び購入していましたが、効果が出たことはありませんでした。

 

聞いた事のない銘柄だからではないかと思い、CMや有名人を使っている育毛シャンプー、スカルプDを使ってみたりしましたが、やっぱり効果がありませんでした。

 

でも効果がなくとも、育毛剤を止めるともっと薄毛が進行するのではないかという心配で止めることができなかった。

 

リーブ21などの育毛・発毛サロンに通うお金はなかったので代替案として始めた育毛シャンプーや育毛剤でしたが、結果的には毎月5万円以上使っていましたので、結果的に給料の多くを育毛剤やシャンプーの購入に充てていたことになります。その総額は100万円を軽く超えていました。

 

こうした失敗を繰り返す中で、ようやく病院でのAGA治療に目を向けることになります。

続きを読む≫ 2018/02/07 10:11:07

二十歳の時に行った友人と旅行の時の事です。自分では格好をつけてワックスでスタイリングしているつもりだったのに、友人からは、

 

お前、薄いなあ。

 

おそらくワックスで毛が束になったために地肌が透けて見えたからでしょう。自分でも、髪をかき上げた時、「なんとなく薄くなったかなあ」という気はしていましたが、人に改めて言われると、自分は薄毛なのだと強く自覚し、それ以来、薄毛が気になって仕方がなくなりました。

 

その後、友人から薄毛をからかわれることに。

 

元々いじられキャラだったため、みんな遠慮なく「若禿げじゃん」と言葉を投げかけてこられても、顔には出さずに笑顔で対応していたが、内心は本当に傷つきました。

 

ファッションに興味があり、洋服を買いに行くのも好きだったんですが、薄毛を気にし出してからは、何を着ても禿げていたら一緒だと思い、洋服への興味も失ってしまいました。

 

もてたいし、みんなと遊びたい、という欲求はもちろんありましたが、薄毛のコンプレックスから、何に関しても気後れする自分がいました。

 

合コンに行っても、みんなに薄毛をいじられ、つらい思いをすることの方が多く、当然彼女ができる事はありませんでした。

 

女性はそれほど薄毛を気にしていないという人もいますが、そんなことはないと思います。誰だって若い時は特にカッコいい人と付き合いたいだろうし、自分の彼氏が薄毛なのは嫌でしょうから。

 

当時はAGAという言葉はなかったですし、もちろんAGA治療なんてものは、既にあったのかもしれませんが、私の耳には届いていなかったので病院で治療を受けるなんて発想もなく、とにかく、こんな薄毛に産んだ親や、薄毛家系を恨めしく思っていました。

続きを読む≫ 2018/01/18 12:29:18